五劫の擦り切れ

「五劫思惟之摂受」(ごこう しゆい し しょうじゅ)

「正信偈」に出て来る言葉で、「五劫という時間、法蔵菩薩(後の阿弥陀様)は
考え抜かれ、四八の誓いを選び取られたこと」を意味しています。
 法蔵菩薩時代のお話は、別の機会にするとして、今回は、この「劫」という言葉について書いてみたいと思います。

「劫」とは、非常に長い時間をいいます。
でも、長いといわれてもピンときませんよね。
そこで、古来、様々な例が挙げられています。

■ 約2000k㎡四方の岩場を、100年に一度、(落語では天女が)布でひと撫でして、その岩場が摩滅するまでの時間よりも長い時間(磐石劫 ばんじゃくこう)

■ 約2000k㎡四方のお城に、ケシのつぶが詰まっており、100年に一つぶ取り出して、お城の中のケシのつぶが完全になくなる時間よりも長い時間(芥子劫 けしこう)

 このように、一劫とは、とてつもなく長い時間であることが分かります。

 つまり、法蔵菩薩は、五劫(一劫の五倍!)の長きに渡って、決して見捨てずに、
私達をすくうことを考えて下さっていました。
 阿弥陀様のご苦労をおもい、南無阿弥陀仏と手を合せたいところですね。

 ちなみに、日常語の「億劫(おっくう)」は、億の劫ですから、元々は、ほとんど永遠をあらわします。
そこから転じて、わずらわしく気が進まないことをあらわすようになりました。その他、囲碁の「劫」や落語・寿限無の「五劫のすり切れ」にも出て来る言葉です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ