お盆の始まり、起源とは?

目連という人の能力は・・・

お釈迦様の弟子の中に目連(もくれん)という人がいました。この人は宿命通(しゅくみょうつう)に優れた能力の持ち主だったといいます。

宿命通とは・・・

 宿命通とは、この人が過去にどのようなことをしたか、どのような生き生き物だったかなど、その人がどのような生き方をしていたかという事を見通せる力を持っている能力のことを言うのです。

目連の母親の死

 あるとき、目連のお母さんが亡くなり、自分の母親が今どのようなところにいるのか見たくなり、自分の持っている能力を使い、極楽浄土を見ることにしました。ところがどこを探しても自分の母親の姿が見当たりません。

母親は今どこにいるの・・・

 母親が亡くなったから、人間の世界にはいない。そこで阿修羅の世界を探しましたでもそこにもいませんでした。おかしいと思い畜生の世界を探しましたがそこにもいませんでした。そこでまさかと思いつつ、餓鬼(がき)の世界を探してみると自分を愛してくれた母親の姿が見つかりました。そしてお母さんは、食べ物がなくてさかさまにぶら下げられているほどの苦労をしている姿がありました。

母親を救いたいという思い

そこで目連は何とかして母親を助けたいと思いましたが、目連には見通す能力にはたけていても残念ながらあの世にいる人を助ける能力がありませんでした。

お釈迦様のおっしゃった言葉の意味とは・・・

 そこで目連はお釈迦様に相談したところお釈迦様は「自業自得(じぎょうじとく)だ」とおっしゃいました。そしてお釈迦様は「自業自得」とおっしゃった後「目連よ、あなたのお母さんは生きている間、人に物を施すことを知らなかった。おいしいもの、いいも物はすべて自分が取り込んでしまっていました。その報いとして今餓鬼道に落ちているのです。それはなぜかと言えば、おいしい物、いい物を我が子に与えたいという母親の愛情の証でもある。だから、その原因を探せば目連よお前にもある。だから、母親ができなかったことを目連よ、あなたが母親に代わってその功徳をやれば母親を救うことができるだろう」とおっしゃったという事です。

三か月間の修行・・・

 そこで目連は三ヶ月の間室内にこもって他の僧侶たちと一緒に修行にはげみ、修行が終わった後僧侶たちは宗教的活動に出かけるときになったとき、目連は一緒の修行を行っていた僧侶たちに着るものから、食べ物まですべての施しをしました。僧侶たちに施しをした後、食べ物に困っている人たちや苦しんでいる人たちにも施しをしました。
 そして、目連はお母さんは今どのような世界にいるのだろうかと思いもう一度あの世の世界を探したのです。

再び母親の姿を覚ます目連

 まず、三か月前までいた餓鬼道の世界を探しましたが、そこにはいませんでした。畜生道にも、阿修羅の世界にもいませんでした。そこで極楽浄土の世界を探した視ると一本の蓮の花の上に座って、にこにこと微笑んで仏様の教えを聞いている母親の姿が目に飛び込んできました。

盆踊りの始まり

 そこで目連は踊り上がって喜び踊り続けたという事です。これが盆踊りの始まりだといわれています。

 


はじめてのお盆、死の受け止め方
お盆の仏壇のまつり方

このページの先頭へ