お盆の仏壇のまつり方

お盆の仏壇のまつり方についてよく訪ねられることがあります。しかし、浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、お盆だからと言って特別なまつり方はしていませんが、お供え物などは少し変わってきます。

浄土真宗本願寺派(西本願寺)の基本的なお仏壇のおまつりについて説明しますと、各家庭のお仏壇のまつり方は、お寺の本堂に準じてのまつり方になります。

お仏壇の中央は阿弥陀如来の尊像
阿弥陀さまに向かって右側は、親鸞聖人(しんらんしょうにん)の御影、 または「帰命尽十方無碍光如来」の十字尊号
阿弥陀さまに向かって左側は、連如上人(れんにょしょうにん)の御影、 または「南無不可思議光如来」の九文字尊号

おまつりの基本

阿弥陀さまの正面に直線にあたるところにお香、お香の右側にローソク(灯明・・とうみょう)お香の左側に花をお供えします。

お仏飯
お仏飯は、朝のおつとめ前にお供えし、昼までに下げます。

お盆のお供え
 浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、お盆もほかの法要と同様に、打敷を掛け、お供えは、おもち(小もち)・菓子・果物などをご本尊の手前左右にしてお供えします。但し、お供え物でご本尊を隠れないように心掛けてください。 また、浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、盆棚、精霊棚などは使いませんのでご注意ください。そして、膳などもお供えません。最後に「亡くなった方が好きだったから」と言ってお酒や、たばこなどをお供えする方がおられますが、基本的にはこれらはお供えしません。

灯明(とうみょう)・・・ローソク
 灯明は、私たちの煩悩(ぼんのう)を破る、仏さまの智慧(ちえ)のはたらきをあらわしているといわれています。

お香
お香は、体臭などのにおいを除き、心身ともに落ち着かせ、芳しい香りを通して、私たちが清らかなお浄土の阿弥陀さまのおはたらきを受け取るためにお供えします。 浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、線香を立ててお供えはしません。線香は寝かせてお供えします。

仏花
仏花は、阿弥陀さまのお徳を讃え、ご恩に感謝してお供えします。阿弥陀さまにお供えしているのに、花の向きを私たちに向けて供えるのは、美しいい花を通して、私たちが清らかなお浄土や阿弥陀さまのおはたらきを受け取るためです。 お供えする花は季節に合った花がよいでしょう。ただし、とげのある花、悪臭のする花、毒花、造化などを備えるのはさけましょう。


お盆の起源は?
はじめてのお盆、死の受け止め方

このページの先頭へ