彼岸について

彼岸とは

お彼岸はいつ

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、春と秋に彼岸があります。この時期になると「よく彼岸はいつですか」と聞かれることがあります。
彼岸は、春分の日と秋分の日中心に前後3日間を合わせた7日間のことです。ですから、秋の彼岸は、秋分の日が9月23日ですから、その前後3日間となりますと、9月20日から9月26日までという事になります。そして、9月20日が彼岸の入り、9月26日が明けと言われています。そして、ちょうど真ん中にあたる日の9月23日が彼岸の中日と言います。

彼岸ってどんな意味

彼の岸(かのきし)と書いて彼岸(ひがん)と言いますが、これは、あちら側の岸と言う意味合いになるでしょう。では、あちら側の岸があるならこちら側の岸はないのかと言えば、こちら側の岸のことを「此岸(しがん)」と言います。では、あちら側である彼岸とは、どのようなところかと言えば、煩悩がなくなり悟りを開いた世界のことです。そして、こちらの世界である此岸は、煩悩や迷いに悩まされているこの世の世界のことです。
どうして春分の日と秋分の日が彼岸なの

春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じです。ですから日が東から昇る位置と西に沈む位置がちょうど、真東から日が昇り、真西に日が沈みます。この頃、西の彼方に十方億土にあるとされている極楽浄土を思い浮かべる行(ぎょう)が行われたといわれています。これが彼岸の初めだとされています。

お墓参りも大切だと思うのですが

彼岸は、中日をはさんだ7日間昔から培われてきた仏教習慣と言っても過言ではないでしょう。しかし、現代では彼岸と言えば墓参りと思っている人が結構いるものです。墓参りをすることも大切でしょうが、せめて、季節の良いこの時期にお寺の法要などにお参りすることが大切ではないでしょうか。

お彼岸に亡くなったどうなるんですか?

人として生(しょう)を受くるは難く、やがて死するべきものの、今命あるはありがたし
(法句経  <ほっくきょう>)

人は、誰もがいつかは死ぬことは知っているが、今、こうして生きていることがどんなに素晴らしいことかという意味になります。

ご門徒の方と話をしていると、
時に自分も想像もしていなかったことを尋ねられることがあります。

例えば、彼岸の時に死んだら地獄に行かなくてもいいんですか?
というような質問を受けます。

確かに、一昔前までこの地域で彼岸に亡くなったら地獄も門が閉まっていて地獄に行かなくてもいいと地域の人たちがよもやま話をしていました。

こういう事を尋ねられたら、
彼岸というのは仏教が日本に伝わってきて儀式として行っているのが彼岸だという説明をします。
彼岸の言葉の由来は「波羅蜜多」という言葉から来たといわれています。

この言葉の持つ意味は「あちらの岸」に行くまたは、
「あちらの岸」に行ったという意味になるといわれています。

では、「あちらの岸」とは、どこかということになります。
「あちらの岸」という言葉に対する言葉は「こちらの岸」になります。

ここでいう「こちらの岸」は私たちが日々生活をし、煩悩に左右され苦しんだり、
悩んだりしながら一生懸命に生きている現生(この世)の事を意味します。

これに対して「あちらの岸」とは、
悟りを開いて煩悩がなくなった世界を意味しているのです。

これが彼岸ということになります。

ですから彼岸に亡くなったからと言って特別どうのこうのということはないのです。
浄土真宗本願寺派(西本本願寺)のみ教えは亡くなれば阿弥陀如来さまのお浄土に生まれるという教えなので(※ 参考:人間死んだらどうなるのか?)とくに亡くなった日は問題にしておりません。

このページの先頭へ