納骨はいったい、いつ頃までにすれまいいのでしょうか。

葬儀の後、火葬場から骨を持って帰ってこられた家に行き、
還骨(かんこつ)のあと質問を受けると、必ずと言っていいほど納骨時期を尋ねられます。

よく耳にする声としては、

  • 四十九日までには済ませないといけないと聞いた。
  • しばらくは置いておいた方がいい。
  • いや、火葬後すぐがいいと聞いた。

いろいろと意見があるようですが、

実は、納骨の時期にはこだわる必要はないのです。
いつまでに納骨しないといけないという明確な決まりはありません。

ですが、いつまでお骨を家で管理出来るのかという問題はあるかと思いますし、
残されたご家族の気持ちの問題もあるかと思います。

そこで、一つの習慣としては、
のど仏は、1周忌までは仏壇に置いておく。
それ以外のお骨(胴骨:どうこつ)は、萬中陰(まんちゅういん)法要の日までに納骨し、その後に萬中陰法要を行うのが一般的な習慣です。

あまりに早いと故人を想う時間がない。
あまりに遅いと、いつまでもお骨を見るたびに悲しんでしまう。
その丁度いいバランスが、このくらいの期間なのもしれませんね。

また、お寺ではお骨の管理だけでなく、毎日お経が読まれているということで、
安心して納骨される方も多いようです。

ですので、納骨の時期に関しては、ご家庭の事情を考慮しながら、
お決めになれば結構かと思います。