先日、お母さんを亡くした中学生のお子さんに
「死んだらどこへ行くのですか」という質問を受けました。
こういったことは、葬儀の後や通夜の席でしばしば尋ねられます。

一体人は、死ぬとどこに行くのでしょう。
天国でしょうか。

いいえ、仏教では違います。

 

天国は仏教の教えではありません。

 

仏教でも天界という世界はありますが、これも迷いの世界なのです。
テレビなどで誰か有名な方が亡くなると
「天国に行かれて、いまごろ○○のようなことをさせているでしょう」

というようなコメントをよく聞きますが、
天国とはキリスト教の教えで仏教の教えではありません。

 

浄土真宗ではお浄土に往くという教えです。

 

浄土真宗では極楽浄土に往き、
この世の生きている我々の為に活動(還相回向)をされているという考え方をしています。

お浄土に仏様がおられ、
その仏様の極楽浄土に往くという教えです。

そして、浄土真宗の本尊は阿弥陀様ですから、
阿弥陀様のお浄土に往くということになります。

他の仏様を信仰されている方は、
そのお浄土に往くということになります。

大日如来様が本尊であれば大日如来様のお浄土ということになります。

 

一つの仏様に対して一つのお浄土がある

 

なぜこのように本尊によってお浄土が違うのかと言えば、
一つの仏さまに対して一つのお浄土があるからです。
そして一つのお浄土に対して、仏様はお一人です。

 

お浄土とはどのようなところ?

 

浄土真宗ではお馴染みの正信偈の中にこのような一節があります。

「如衆水入海一味」(『正信偈』)

海は全ても物を受け入れる性質があります。
お浄土も同じようなところです。

なぜ、「海」のようなところかと言えば、
「海」は海に流れていたものをすべて受け入れます。
すなわち、きれいなものや汚いものを区別することなくすべてを受け入るからです。
つまり、煩悩にまみれた私達人間も、すべて受け入れる存在。
それがお浄土ということです。

 

どのようにすればお浄土に往けるの?

 

では、どのようにすれば極楽浄土に往けるのかと言えば、
阿弥陀様にただお任せすればいいのです。

何か特別なことをする必要はありません。
むしろ、何も出来ません。煩悩にまみれた私たち人間(凡夫)では、 浄土に往くのに役に立つことは何一つありません。そんな人間(凡夫)こそを救おうとされてるのが、阿弥陀様なのです。