納骨堂とお墓の違いはなんですか?
朝のお参りをしたとき、そのように尋ねられることがときどきあります。

確かに、一体なにが違うのか実際のところよく分からないかもしれませんね。
答えから言えば、お墓も納骨堂も性質は同じです。

それぞれの違いについて

屋外でご先祖の骨を安置するのが従来のお墓です。
それに対して、屋内で骨を安置するのが納骨堂です。

少し前は、納骨堂は、お骨の一時保管場所として使用するということがありましたが、
最近では、お墓の代わりにずっと納めるという方が非常に多いです。

お墓の場合、お墓掃除やお花をお供えしますが、
当寺院の納骨堂ではその必要がありません。
当寺院の納骨堂では何区画かに一つ仏壇があり、こにお花をお供えいたします。

ですから使用されている方はその必要がありません。
むろん掃除も基本的には、管理寺院(正敬寺の場合)が行います。
ただ一区画ずつになっている関係で共同墓地のような性格があります。
掲載されている写真等をご参照してください。

お墓について

また、少し専門的な話をすれば、
お墓とは、亡くなった人の遺体や遺骨を納めるところですが、

浄土真宗においては、故人を偲び、
故人とともに阿弥陀様のお慈悲に包まれていることに感謝する縁となるものであります。

そのため、お墓の正面には「南無阿弥陀仏」や「倶会一処」などと刻まれていることが多いのです。
南無阿弥陀仏とは、阿弥陀様に全てをお任せするという意味です。
倶会一処とは、ともに一つの場所で会うということです。

つまりは、お浄土でまた会える場所と考えて頂ければ結構です。
この言葉は、『仏説阿弥陀経』というお経の中に出てきます。

納骨について

また、納骨という行為とは、故人の遺骨を墓や納骨堂に納めることですね。

浄土真宗においては、故人を縁として仏法に出遇い、
故人の遺った者も阿弥陀様に等しくすくわれている(摂取されている)恩徳に報謝する思いで行われます。

そういった意味では、納骨堂は過度に豪華である必要は無く、
お骨を納めることができ、阿弥陀様に手を合わせ念仏することが出来ればいいのだとも考えられます。

ですが、やはり、お墓と同じで故人の生きた証を残すという意味で、
少し豪華にしてあげたいという方も多いです。

ですので、絶対にこのような形式でなければいけないという決まりはありません。
また納骨堂にはロッカー形式多く一般的で、正敬寺でもこの形式をとっています。

以上のように、お墓と納骨堂は、その形式は違いますが、
性質的には同じものであると言えるでしょう。