浄土真宗の本尊

浄土真宗の本尊は、「阿弥陀如来」ですが、この阿弥陀如来を親鸞聖人は
「南無阿弥陀仏」
「帰命尽十方無礙光如来」
「南無不可思議光如来」
と表し、名号を書かれました。
これを「名号本尊」といい、一般的なお仏壇では、中心と左右にそれぞれ掛けられているものです。

この「南無」は、「帰命」のことで、簡単に言えば、「尊敬します」、「帰依します」という意味になります。
つまり、「この私」が、阿弥陀仏を信じ帰依することが、そのまま本尊の内容となっているのです。

お浄土へ往くのに、私の側で用意するものは何一つありません。
「私たち」が、阿弥陀仏を信じ、帰依することすら、阿弥陀仏に先取りされ、用意されているのです。

私たちに出来ることは、このような阿弥陀仏のすくいを受け入れ、静かに南無阿弥陀仏と称えること以外にはありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ