二河白道の譬え

「二河白道の譬え」とは、極楽往生を願う信心について、善導大師の『観経疏』に書かれている譬え話です。

旅人が西へ進んで行くと、何もない荒野で南に火の河、北に水の河が現われます。渡るには、二つの河の真ん中に見える一筋の白い道(白道)を行くしかありません。しかし、火と水は白道へ押し寄せて、しかも後ろからは賊の群れや、悪獣が甘い言葉で誘いつつ、自分を殺そうと迫ってきています。

前に進んでも、後ろに下がっても、そのまま止まっていても死を免れない絶体絶命のピンチ中で、意を決して白道を渡ろうとすると、東から「その道を進め」という声、西から「すぐに来きなさい。あなたをずっと守りますよ」という声がするのです。その声に従い、その道を渡ると、難をのがれ善き友と遇うことができた。

・・・という喩え話です。

この旅人は、私たち自身のことです。つまり、火はいかりの心、水は欲望、そして賊の群れや悪獣は、様々な誘惑です。そんな私たちに、お釈迦様は此岸(東)から「信じて進みなさい」、彼岸(西)からは、阿弥陀如来様が「私にまかせ、信じて来なさい」と呼びかけてくださっているのです。そして、その目の前にある白道こそが、「南無阿弥陀仏」のお念仏なのです。阿弥陀如来様の救いにおまかせをする道なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ