納骨堂やお墓は豪華な方がいいのか?

納骨堂やお墓は豪華な方がいいのか?

納骨堂やお墓を選ぶとき、
「やっぱり豪華な物がいいですよね・・・」と仰る方も多いようです。

結論から申し上げると、何でもいいです。

そのことをお話するには、
お墓は何のために必要なのかということを理解する必要があります。

お墓の本質

これは宗派により、解釈は異なりますが、
浄土真宗では、

「ご先祖の死を通して、仏法に出遇う仏縁を頂くもの」です。

つまり、亡き人やご先祖を偲び、故人と共に、
「私」も阿弥陀如来様の光に包まれていることに感謝する縁となる存在と言えます。

ですので、いつでも阿弥陀様がいてくださるという意味から
お墓には「南無阿弥陀仏」と書いているのです。

従って、本質を考えれば過度に豪華にする必要もありませんし、
豪華でないと成仏出来ないというわけでもないのです。

かと言って、豪華にしてはいけないという訳ではなく、
故人のシンボルという意味合いで、
少し豪華なというか、個性的なお墓にされる方もいらっしゃいます。

納骨堂ではどうなのか?

そして、納骨堂も考え方は全く同じです。
お骨を納めることで、仏縁を頂くということになります。

従来型のお墓との違いは、その形式というだけです。
時代が変われば、様々な事情から、
従来からの形式を受け継ぐことが出来ないことがあります。

墓地がない。
墓守がいない。
墓が遠方にある。

これらは、時代の流れとも言えます。
そこで、近年増加しているのが、納骨堂です。

これでしたら、
従来のお墓と比べると、かなり費用は抑えられますし、
寺院の中にあるので、管理は僧侶がします。
また、自宅の近くの場所を選ぶことも出来ます。

もしかすると、これから先も、
こういった納骨堂がもっと増えてくるのかもしれませんね。

ですが、形式は違っても、
お骨を納める意味、お参りをする意味をしっかりと理解して、
手を合わせ、お念仏を申すことが大切です。

このページの先頭へ